十年前と比べるとSEOライティングも大きく変わってきました。昔は特定のキーワードを大量に並べるだけでもSEO対策として役立つ事もありましたが、近年ではそういった事はまったくありません。それどころか、検索サイトにペナルティを課されてしまう事も多いので、何があってもおすすめする事は出来ません。そういったライティングは毒にしかなりませんので、もし今現在も行っているのでしたらすぐにでも止めて下さい。

では、どういったSEOライティングをすれば良いのかという事ですが、近年では専門性の高い記事や独自性のある記事などが評価されるようになっています。その為、テーマを散漫にせずに一つ、二つに絞って記事を書くようにして下さい。もちろん今まで通りキーワードをところどころに入れる事も重要ですが、自然な形で入れるように注意して下さい。不自然に特定のキーワードが多かったり、一か所に集中していたりするのはSEO対策としては効果が期待出来ません。

また、SEO対策として特定のキーワードを文章に入れる時は、段落の頭の方にキーワードを入れるのが効果的だと言われていますので、それを意識してメインのキーワードを入れるようにして下さい。もちろん絶対にそうしなければいけないという事ではありませんが、非常に簡単な事ですのでやっておいて損な事はありません。メインのキーワードと対になるサブのキーワードも同様の理由で段落の頭の方に入れるとなお対策の効果が高まります。

SEOライティングはすぐに効果が出る事がありませんので、効果が出る前に飽きて止めてしまう人も多いです。しかし、一度効果が出始めれば長期間に亘ってSEO対策として役立ちますので、出来る限り続けるようにして下さい。全ての記事をSEO対策を意識して制作する必要はありませんが、どの記事も入り口となりえますので出来るのでしたらSEOライティングだけでも意識して行う事をおすすめします。