サイトを多くの方に見てもらうためには様々な方法がありますが、 SEO を
利用すれば優先順位を上げることができ、サイトを見てもらう確率を上げることができます。しかし 、ただSEOを利用したとしても必ずしもサイトを見てもらえるわけではありません。多くの方に見てもらうためにはさらなる工夫が必要になるのです。

多くの方にサイトを見てもらうためには SEO ライティングの工夫が必要です。
一番多い SEO ライティングの工夫はよく検索されるであろうワードを
サイト内の文章に出来るだけ多く文章に当てはめて行くという作業です。
同じワードが使われれば使われるほど検索される確率は上がります。

しかし、問題点もあります。検索ワードを多く入れすぎたためにあまりに不自然な文章に
なってしまう場合です。とにかく閲覧者を増やしたいという目的であれば
そのような方法もあるのですが、やはり一般的にはそのサイトに来ていただいて
そのサイト自体を楽しんでもらうことが一番良い文章の作り方であると言えます。
たとえ検索者数を増やしたとしても、あまりにも違和感のある文章であれば
サイト内の文章をほとんど見ずに他のサイトに移ってしまう恐れが十分にあります。
何回も検索されるようなサイトを作るのであれば、ファンをできるだけ増やすような
サイト作りをしなければならないでしょう。

検索ワードを入れたいだけれど文章が不自然になるまで入れたくはないという場合、
文章を書く工夫をすれば解決することがあります。
例えば箇条書きにして、新たにタイトルをつけ、そのタイトルの説明をする
という流れであればかなり多くの 検索ワードを入れることができるでしょう。
それに加えて表などを作成してその中にも検索ワードを入れればさらに
ワードの数は増えることになります。要するに別々に分けて入れれば
検索ワードが重複してもそれほど違和感がなくなるということがわかります。
同じ内容でも伝え方が変わればストレスなく閲覧者は見ることができまし
非常に見やすくなるのもメリットのひとつです。