私が思う、SEOライティングに関する知識ですが、一番有名な検索エンジンで上位に自分のサイトを表示させるというのがSEOライティングの基本原則だと思います。その為、SEOライティングは必ずと言ってよいほど書籍などにおいては、何故検索エンジンがそのワードをふさわしくないと考えるかなどの他、そもそも検索エンジンは何を重要なワードであるかなどを詳しく解説している物がSEOライティングと言われており、要は検索エンジンに引っかかりやすいワードをちりばめて文章を作るのがSEOライティングの基礎だと思います。

ただ、この基礎、昔であれば検索エンジンが一番重要だというワードばかりを並べればそれが通り、上位表示することができたのですが、最近はそれが通じなくなり、あえてどのくらい、ワードを連続して使用すれば、検索エンジンが弾くかということを重要視する人物が登場したことから、SEOライティング自体が検索エンジンが不合格を出すまでの単語の割合を計っているというようなことを見聞きしたことがあります。つまり、検索エンジン側のgoogleもSEO対策という物を認識していて、検索エンジンが好むサイト作りをしているとみなした場合、それをあえて弾くという手法を取り入れており、その間を調べるのがSEO対策事業者という物であるというのが私の今のSEOライティングの認識です。

つまりは、検索エンジンの限界を知ればその限界の班中であれば、検索エンジンが好みそうな都合の良いワードを並べれば上位乗じできるのではないかというの私個人の意見でそうした事業者はどうも悪質であるということから検索エンジン側に訴えられ事業の停止を求められていることから今のSEOライティングというのは、純粋に文章を構築して、事業者ではなく自分が自己のサイトの魅力を伝えることを意味すると思われます。その為、SEOライティングの原則はそのままで、いかに魅力的に自己の作り上げたものを周囲に知らせるかが今のSEOライティングでTwitterだろうとブログだろうと使えるものは何でも使って自己のサイトを宣伝し、顧客が寄り付けば、SEOライティングは成功したと判断するのだと私は思います。