見出しとは、文章内の要点を簡潔な言葉でまとめた物です。
たいてい、本文より大きな文字で、最初の文章の前に置かれています。
むろん、記事自体は見出しを付けなくても書くことはできますが、見出しを付けることでいろいろな利点があります。

一つ目は、「記事が読みやすくなる」。
見出しを全く使わずに書かれた記事というのは、ひどく読みづらくなります。
パッと見で、何が書かれているのか分かりません。
また、WEB記事というのは、長文だと読まれにくくなるので、まとまりなく長々と書かれた文章より、見出しで区切られた文章のほうが読まれやすくなります。
そして、見出しは目次の代わりにもなるため、ユーザビリティーの向上にも寄与することになります。

二つ目は、「ライティングの効率がよくなる」。
見出しを作らずに記事を書き始めた場合、「どういった順番で書けばよいのか」「文字数は全部でどのくらいになるのか」といったことが分からないので、文章をまとめづらくなってしまいます。
ですから、まず見出しを作ってからライティングを始めるべきです。
では次に、見出しの付け方のポイントについて見ていきましょう。

一つ目は、「ターゲットがはっきりしている」。
誰を対象にした記事なのかを明確にすることで、ターゲットにした訪問者から読んでもらえる確率が高くなります。
例えば、「花見スポット」の記事を書く場合、「今度行ってみたい花見スポット」という見出しよりは、「20代女性におすすめの花見スポット」という見出しにしたほうが、誰を対象とした記事なのか分かりやすくなります。

二つ目は、「感情に訴える」。
例えば、「1週間で10キロ痩せるダイエット法」などのような煽るタイプの見出しは、記事を読む人の感情にダイレクトに訴えるので、訴求力が強くなります。
ただし、必要以上に煽ってしまうと炎上するおそれもあるので、あまりにも内容とかけ離れた見出しにならないようにしてください。